top of page

おうじ絆保育園独自の取り組み

生き抜く力を育む保育

生き抜く力を育む保育

・生き生きと遊べる子どもに育てます。
・無限に成長できる子どもに育てます。
・子ども一人ひとりの成長を理解し、育てます。
・他人も自分も大切にし、命を尊ぶ子どもに育てます。
・自分の想いを表現できる子どもに育てます。

生活発表

生活発表

幼児クラスになるとお休みの日に体験した事や楽しかった事を振り返り、みんなの前で発表する生活発表があります。連絡帳アプリ「Kidsly」と常設プロジェクターを使用し、写真を見ながら発表します。経験した事や感じた事など自分なりに言葉で表現します。また、お友達からの質問タイムもあり、相手の発言を聞こうとする意欲や態度を育てます。言葉で伝える楽しさを経験すると同時に相手の話を聞く事の大切さを学びます。

IMG_2946.JPG
非認知能力

非認知能力

数が分かる、字が書けるなど、IQなどで測れる力を「認知能力」と呼ぶ一方で、創造力、協調性など、IQなどで測れない内面の力を「非認知能力」と呼びます。絆友会では工作あそびやブロックあそびなど様々なあそびの中で「非認知能力」を育てていきます。例えば、空き箱やプラスチック、包装紙といった身近な素材を使う工作あそびでは、子どもが「何を使おうかな」「どんなものを作ろうかな」と試行錯誤する過程で、想像力や創造力、工夫する力、最後までやりぬく力などの非認知能力を育むことができます。

IMG_2943.JPG
異年齢保育

異年齢保育

さまざまな年齢の子どもを一緒に保育する「異年齢保育」。異年齢保育を通して、年上の子どもは年下の子どもに自分のできることを教えたり、お世話をしていく中で責任感が芽生え、社会性を身につけます。また、その中で大人から誉められることで、自尊心や満足感を得て自信に繋がります。年下の子どもは年上の子に憧れ、間近で観察したり真似をして年上の子どもみたいになろうと向上心が芽生えます。

IMG_2003.JPG
コーナー保育

コーナー保育

子どもは、周りの環境や雰囲気にとても敏感です。自分にとって居心地の良い場所かどうかということを肌で感じ取ります。保育室は小さな子どもにとっては、ただ広くて落ち着かない場所になりかねません。そこで保育室を睡眠、活動、排泄、食事もスペースに分けます。また、おままごとやブロック、絵本などいろいろな遊びのコーナーを用意し、子どもが好きな遊びに集中できるようにするなど、家庭と同じような環境を作るようにしています。

IMG_8681.JPG
bottom of page