top of page

保育環境

IMG_7941.HEIC

長時間を過ごす保育園は、子どもたちにとって「第二の家」です。

大人も子どもも心地よい絆保育園の園舎には、子どもの育ちを促すたくさんの工夫があります。

もの作りにこだわった環境

〜本物に触れることで広がる子どもの学び〜

いつでも木に触れられる環境は心身共に健やかな成長を育みます。 木は長時間かけて育ち、長く使い続けることのできる素材です。時間の経過とともに愛着など人の営みと深い絆を生み、人や自然への思いやりを育むきっかけとなります。
実際に木に触れたときの子どもは多くの発見や驚きがあります。

「 木目っていろいろな形にみえるんだ! 」
「木ってこんな匂いがするんだ!」
「 木によって手触りが全然違う...! 」
「木を叩いたらこんな音がするんだ!」

IMG_9619.HEIC

テクノロジーの発達により便利な世の中になった半面、現代の子どもたちはリアルなものに触れる機会を多く失ってしまいました。
スマホやテレビに映っている画面の中の自然、市販で売られているおもちゃでは、子どもたちの得られる情報量が少なすぎます。
リアルなものに触れてこそ多くの発見や驚きがあり、そこから学びや遊びへと昇華され、やがて大きな発達へとつながります。
当法人のDIYによる保育環境づくりは、
現代の子どもたちに必要不可欠なリアルなものに触れる機会、発見や驚きを与え、大きな成長を導きます。

テクノロジーの発達により便利な世の中になった半面、現代の子どもたちはリアルなものに触れる機会を多く失ってしまいました。スマホやテレビに映っている画面の中の自然、市販で売られているおもちゃでは、子どもたちの得られる情報量が少なすぎます。リアルなものに触れてこそ多くの発見や驚きがあり、そこから学びや遊びへと昇華され、やがて大きな発達へとつながります。
当法人のDIYによる保育環境づくりは、現代の子どもたちに必要不可欠なリアルなものに触れる機会、発見や驚きを与え、大きな成長を導きます。

~廃材のスタイリスト~ 金井良一さん

もの作りにこだわった環境

絆友会のDIY作品

おままごとハウス@たじま絆保育園
絵本コーナー@たじま絆保育園
ストラックアウト@たじま絆保育園
おままごと用冷蔵庫@たばた絆保育
冬のイルミネーション@たじま絆保育園
乳児用すべり台

おままごとコーナーや遊具、ベンチや棚など全て手作りです!
木材の加工、塗装、組み立て、完成までの全てにこだわりを持って取り組んでいます。

~廃材のスタイリスト~ 金井良一さんプロデュース作品

当法人の遊具は、朝日放送テレビ「大改造!!劇的ビフォーアフター」「TVチャンピオン」「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」に出演した廃材のスタイリスト金井良一さんが監修しております。園庭では築山やトンネル、つり橋など、数え切れないほどの遊具があり、室内にも巨大遊具が設置されているので、いつでも力いっぱいに身体を動かして遊ぶことができます。

〜各園に設置〜 ​室内クライミング

東京五輪でも話題となったクライミングが各園に常設されています。(たばた絆保育園を除く)

・筋力      (自分の体重を支えることで、余分な負荷がかからずに筋肉が鍛えられる)
・柔軟性     (腕や足を大きく広げることで、可動域が広がり柔軟性を高めることができる)
・思考力・集中力 (限られた体力の中でどのように攻略するか考える)
・判断力     (
次の行動を瞬時に判断する)  

​                             
などの様々な力が身につきます。

〜保育の質を高める〜 その他の環境づくり

​遊び心満載の仕掛けや落ち着いた空間づくりを大切にしています。

お問い合わせはこちらへ

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram

本部:埼玉県さいたま市桜区田島三丁目13番4号

bottom of page