top of page

法人理念

・子どもたちは、未来の日本を作る
・保育園生活を通して社会性と自主性の土台を作る
・保護者が子育ての楽しさを十分に味わえる環境を作る

方針

現在の保育所運営の中には、株式会社を中心とする利益を多く求める法人が大変増えております。 利益を求めることは通常の会社では当たり前のことですが、私たちは利益の為ではなく、子ども達の為に保育園を運営しております。利益を求める会社は効率的・効果的を目指しますが、 私たちは子ども達に効率的・効果的ではなく、あえてムリ・ムダ・ムラ(3M)を沢山してほしいと思っております。沢山のムリ・ムダ・ムラをすることで自ら学習し、成長して自然とムリ・ムダ・ムラを行わなくなる、この自ら気付く経験が大切だと考えております。効率的・効果的ばかりを重視した保育者から「〇〇しなさい」「〇〇はもったいない」「〇〇はうまくいかない」等の指示を受けることで、 現在の子どもたちは指示待ち人間と言われるようになってしまったのではないでしょうか。当法人の保育は、子どもたちがムリやムダをした際には「どうしたの?」と子ども一人ひとりに意見を聞きます。 この沢山のムリ・ムダ・ムラや様々な経験の繰り返しで、意見を言えるようになり、社会性や自主性の基礎を培うことができます。 また、子どもを育てるには、保育園だけではなく保護者の皆様のご協力や情報共有が不可欠です。 現状多くの保育園で取り入れられている紙媒体の連絡帳のみでは、保護者に子どもの成長を十分に伝えることができません。 当法人では、連絡帳アプリを使い写真や動画を通して子ども達の様子を伝えます。保護者に視覚的に伝えることで、共に子どもの成長を感じ喜び合い、子育てが楽しいと感じられる環境を提供します。乳幼児期だからこそ培うことのできる力を私たちは全力でサポートしていきます。

IMG_8753.JPG

日本の未来を作る子ども達の為の保育園に入園しませんか?

方針 「利用者本位の徹底」

保育園運営にあたっては、何よりもまず「利用者本位」を徹底し、利用者の期待に応える保育を実践します。どのような状況でも「子どもの最善の利益」を最優先に考え、判断し、保育を実践します。根拠のないことやその場のカンなどでは保育をせず「なぜそれを行うのか」「今やっていることが子どもの最善の利益となるのか」を常に組織自らが問い、十分に検討を重ね、必ず根拠やねらいをもって保育を実践します。

法人設立の趣意

〜趣意・目的・事業の方向性等について〜

私たちは、今何が子どもたちに必要か、今どのような関わりが子どもたちの一番の成長に繋がるかを考えて保育をしています。
利用者本位「子どもの最善の利益」をキーワードに保育をすることが子どもの無限の成長に繋がると信じております。子どもの人間形成の基礎となる乳幼児期に、保護者と共に子どもを育てることの重要さを今までの保育実施から学んできました。保護者に子育ては楽しいと感じられる環境を私たちが提供することを当法人の使命と考え、すべての人が今を最もよく生きられる環境となるような事業を進めて参ります。具体的な事業の方向性としては保育理念に沿って実施します。

法人設立の趣意

お問い合わせはこちらへ

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram

本部:埼玉県さいたま市桜区田島三丁目13番4号

bottom of page